• 世界3大医学の一つ、アーユルヴェーダ。

    インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。
    サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)、Veda(科学・知識)から来ています。
    実践的な生活健康法として受け継がれてきました。
    西洋医学のように病気の症状を取り除くのではなく、
    アーユルヴェーダは、より健康に長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。
    食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)のように日常生活に関わるものから
    生命そのものまでを科学する医学でもあるのです。

  • アーユルヴェーダの基本 3つの体質

    アーユルヴェーダでは、人は生まれつき「ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギーを持っていると考えています。
    ドーシャとは、「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つの性質です。
    この3つのバランスを最適な状態に整えることで心と身体が健やかに保たれます。
    過剰になりすぎたドーシャを鎮めて、崩れたバランスを取り戻すのがアーユルヴェーダの考え方です。

  • アーユルヴェーダのメニュー

    体質維持のためメンテナンスには、月1~2回程度受けられることをお勧め致します。
    ~究極の癒やし~アヴィヤンガ:全身のオイルトリートメント。
    ~天国への誘い~シローアヴィヤンガ:頭皮をハーブオイルでマッサージするトリートメント。
    ~魂の解放~シロダーラ:「脳のトリートメント」と言われ、額に温かいオイルを浸透させます。

Information

お知らせ

2018/05/25

ウェブサイトをリニューアル致しました。